SOMES SADDLE

こだわりレザーの「ブックカバー」

CYPRIS(キプリス) ブックカバー 文庫■シラサギレザー[8236] CYPRIS(キプリス) ブックカバー 文庫■シラサギレザー[8236] シラサギレザーは姫路の技術力あるタンナーによりタンニンとクロームのコンビ鞣しにより鞣された革のことで、ナチュラルなアンティーク仕上げになっています。内側は蠟引きのヌメ革で綺麗なコンビネーションになっています。 カラー:ブラック、チャ、チョコ、ネイビー、 […]

こだわりレザーの「メンズパスポートウォレット」

パスポートウォレットは、長財布に近いサイズでパスポートや飛行機のチケットを折りたたまずに収納できます。 大きめのものなら、パスポートだけでなく、クレジットカードや現金、航空券などの旅の必需品を賢く収納するトラベルオーガナイザーもあります。小型のものが好みであれば、ほぼパスポートサイズでブックカバーのような汚れ防止を目的にしたパスポートカバーもあります。 BELLROY(ベルロイ) Passport […]

こだわりレザーの「ノートカバー」

最近のビジネスシーンでは、PCの普及やペーパーレスの促進により、職場でペンやノートを使う事が減ってしまいましたね。ちょっとメモを取る際にもスマホでメモったり、メモ代わりに写真を撮って済ませてしまうことが多いです。 そんな時代でもノートが手放せない人は少なからずいますよね。そんなノート派の方にはオシャレに持ち歩けるノートカバーをおすすめします。 収納力のあるペンホルダーやカードホルダーを備えた製品を […]

こだわりレザーの「メンズ小銭入れ(ボックスタイプ)」

カジュアルスタイルの時は別として、ある程度フォーマルな時は、札入れと小銭入れを分けるのがお洒落です。特に長財布が小銭でパンパンになっているとせっかくの長財布が台無しになってしまいます。長財布は極力お札とカードだけにしておいて、小銭は小銭入れに入れましょう。 種類としては、ラウンドファスナータイプとL字ファスナータイプ、ボックス型、馬蹄形に分かれます。 ラウンドファスナータイプとL字ファスナータイプ […]

こだわりレザーの「メンズペンケース」

最近のビジネスでは、PCの普及やペーパーレスの促進により、職場でペンを使う事が減ってしまいましたね。 その一方でサインなど、重要な局面で使用することを考えると、ペンやペンを仕舞うペンケースはビジネス上の重要な小道具でもあります。サインする時に、レザー製のペンケースから万年筆が出てきたりすると、ステータスを感じますよね。 AYAME ANTICO(アヤメアンティーコ) アストゥーチョ ペルペンネ ス […]

こだわりレザーの「メンズ名刺入れ」

名刺入れはビジネスマンにとっては大切な仕事道具、特に初対面の相手と名刺交換する際に使用しますので、相手に良い第一印象を与えるにはステータスに合わせた品質の高い名刺入れを使いたいですね。 どのような職種、ビジネスシーンでも本革の名刺入れを選んでおけばまず問題はありませんし、良い革を選べばあなたの第一印象も良くなりますよ。 aniary(アニアリ) 11-20004 出来るビジネスマンを印象付ける名刺 […]

こだわりレザーの「メンズ二つ折り財布」

二つ折り財布は、昔から存在する伝統的なかたちの財布です。 ジーンズのポケットにも収まるサイズで携帯性に優れているのが特徴です。紙幣や小銭を取り出すのも容易で非常に扱いやすい財布ですが、カードの収容数が長財布と比べると半分になるのが機能面ではマイナス点です。 aniary(アニアリ) 01-20000 コイン室を外装側に配した二つ折り財布です。 aniary(アニアリ) 01-20000 コイン室を […]

こだわりレザーの「メンズ長財布(かぶせ蓋タイプ)」

長財布の特徴は、紙幣を折らずにそのまま収容できること。商売をされている方は、お金が手元に残るようにとの願掛けもあって、しわをつけないようにとか向きをそろえたりとか気にする人も多いでしょうが、紙幣を折りたくないなら長財布以外に選択枝はありません。 長財布だと収容枚数も多いですが、その分二つ折り財布と比べると大きくなり携帯性も劣ります。スーツやジャケット等の上着か、鞄に入れて持ち運ぶことになります。 […]

こだわりレザーの「メンズブリーフケース」

ブリーフケースは、書類を入れる鞄のことでビジネスマンの必須アイテムです。 ビジネスマンにとっては、商談や会議で使用するPCや書類を持ち運ぶ相棒のような存在ですから機能性は外せませんし、できるビジネスマンを演出するために自分のステータスよりワンランク上のバッグを持ちましょう。 スーツやジャケットにマッチするだけでなく、持ち主の人となりを表現できるようなバッグを選びたいですね。 aniary(アニアリ […]