COCO MEISTER

3/3ページ

こだわりレザーの「メンズ名刺入れ」

名刺入れはビジネスマンにとっては大切な仕事道具、特に初対面の相手と名刺交換する際に使用しますので、相手に良い第一印象を与えるにはステータスに合わせた品質の高い名刺入れを使いたいですね。 どのような職種、ビジネスシーンでも本革の名刺入れを選んでおけばまず問題はありませんし、良い革を選べばあなたの第一印象も良くなりますよ。 aniary(アニアリ) 16-20004 “波打つレザー”で少しの遊びを採用 […]

こだわりレザーの「メンズ小銭入れ(ラウンドファスナータイプ)」

カジュアルスタイルの時は別として、ある程度フォーマルな時は、札入れと小銭入れを分けるのがお洒落です。特に長財布が小銭でパンパンになっているとせっかくの長財布が台無しになってしまいます。長財布は極力お札とカードだけにしておいて、小銭は小銭入れに入れましょう。 種類としては、ラウンドファスナータイプとL字ファスナータイプ、ボックス型、馬蹄形に分かれます。 ラウンドファスナータイプとL字ファスナータイプ […]

こだわりレザーの「メンズデイパック」

バックパックは登山用に作られた鞄であり、数日分の荷物を持ち運べるよう大きめサイズです。それを1Day用途に小型化したものがデイパックです。サイズの違いはありますが、機能面ではどちらも同じです。ちなみにバックパックは英語、リュックサックはドイツ語です。 本格的な登山用のバックパックは、腰、背中、肩の過重を上手く分散させることで重い荷物を楽に運ぶことができます。タウンユースのレザーバッグはそこまでの機 […]

こだわりレザーの「メンズ二つ折り財布」

二つ折り財布は、昔から存在する伝統的なかたちの財布です。 ジーンズのポケットにも収まるサイズで携帯性に優れているのが特徴です。紙幣や小銭を取り出すのも容易で非常に扱いやすい財布ですが、カードの収容数が長財布と比べると半分になるのが機能面ではマイナス点です。 aniary(アニアリ) 16-20000 aniary(アニアリ) 16-20000 革は、オイルを浸透させた後、波をイメージした型を施すこ […]

こだわりレザーの「メンズ長財布(かぶせ蓋タイプ)」

長財布の特徴は、紙幣を折らずにそのまま収容できること。商売をされている方は、お金が手元に残るようにとの願掛けもあって、しわをつけないようにとか向きをそろえたりとか気にする人も多いでしょうが、紙幣を折りたくないなら長財布以外に選択枝はありません。 長財布だと収容枚数も多いですが、その分二つ折り財布と比べると大きくなり携帯性も劣ります。スーツやジャケット等の上着か、鞄に入れて持ち運ぶことになります。 […]

こだわりレザーの「メンズボストンバッグ」

ボストンバッグは、アメリカのボストン大学の学生が使っていたことから名付けられたと言われています。底部分のマチ幅が広く収納力が高いことから、旅行など荷物が多い時に大活躍します。 旅行用、スポーツ用としてだけでなく、最近はポスト・トートバッグとして小型のボストンがタウンユースでも使われています。両側に持ち手のついた小形の手提げ鞄ですが、ストラップ付の2wayタイプだと手が塞がらなくて便利ですね。 アメ […]

こだわりレザーの「メンズブリーフケース」

ブリーフケースは、書類を入れる鞄のことでビジネスマンの必須アイテムです。 ビジネスマンにとっては、商談や会議で使用するPCや書類を持ち運ぶ相棒のような存在ですから機能性は外せませんし、できるビジネスマンを演出するために自分のステータスよりワンランク上のバッグを持ちましょう。 スーツやジャケットにマッチするだけでなく、持ち主の人となりを表現できるようなバッグを選びたいですね。 aniary(アニアリ […]

こだわりレザーの「メンズボディバッグ」

ボディバッグは、少量の荷物を入れるのに適した斜めがけバッグです。ショルダーバッグに対してより小さく、よりフィット感を持たせるようにした結果生まれました。 肩からかつぐように斜めがけするため両手が自由になるだけでなくボディに沿ってフィットし、バッグ自体が揺れることなく持ち歩けるのでアクティブに動き廻る時に持つのに向いています。 女性がボディバッグを持つ事は少ないため、男性用バッグの代表でもあります。 […]

こだわりレザーの「メンズトートバッグ」

バッグの定番であるトートバッグは、カジュアルなビジネスシーンやオフの日のお出かけ、大型のものなら1泊程度の旅行と、様々なシーンで使える実用性の高いバッグです。 元々は、水や氷を運ぶために考案されたと言われており、たくさんの荷物をサッと詰め込めるのも魅力ですね。 トートバッグは大きい分存在感があるので、どんなファッションにも合わせやすいオーソドックスな色・素材を選びましょう。 上質なレザーを使って作 […]

1 3